人気ブログランキング |

タグ:手編みニット ( 5 ) タグの人気記事

【冬衣】色を編む 伊藤八重子
会期終了しました。ありがとうございました。
「印象派の絵のような色彩」、「包まれるような感じ」、「軽い〜!」など試着の感想を多くいただきました。
展示で販売している1ヶ月を除いては、大島で毎日編見続ける生活の伊藤八重子さん。
色彩が豊かな色の合わせ方、手入れや着心地を考慮した糸の選び方、長く編み続けている伊藤さんならではの秘密のテクニックがあります。
3歳の時におばあさまから教えていただいた時の、1本の糸から編み物が生まれる感動を今も覚えていると言います。何を聞いても、編み物への愛に溢れる伊藤さんの言葉は、優しく包み込むような柔らかで温かいニット作品にも現れているような気がします。
手に取ってくださった皆さま、気にしてくださった皆さま、ありがとうございました。
展示は12月6日から
「2019 こころのカタチ Ornament TREE」に続きます。
2019年にruriroで展示した作家たちの作ったオーナメント、贈り物にもなる小作品などを展示します。12月もどうぞお楽しみください!
d0347031_16034822.jpeg

by ruriro | 2019-12-01 16:04 | 展示案内 | Comments(0)
伊藤八重子さんのニットは、試着で驚く人が多いのです。軽くて暖かいと。ふわっと包まれるような感じです。複雑な手編みの編み込みなのに、とても軽くて柔らかい。
試着によって、気づいたことなどがとても参考になるとの事。最終日、18時までです。
この機会に包まれる感じを味わってみませんか?試着のみも歓迎です!
d0347031_11125126.jpg
↑複雑な編み込み柄。手編みです。設計図は作家の頭の中にあるそうです。
d0347031_11125210.jpg
↑アップしても複雑です。
【冬衣】
ー色を編むー 伊藤八重子
11月23日 [土] - 11月30日 [土] 11時~18時 

art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391

東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-11-30 11:12 | 展示案内 | Comments(0)
残り3日となりました。
セーターとカーディガン以外に便利なニット小物もあります。おしゃれなアクセントに、使い方で変化するアイテム。一枚いかがですか?
試着歓迎です!見ると着るでは違うんです!
d0347031_11571285.jpg
↑首にかけたたこ足マフラー
d0347031_11540024.jpg
↑中にたこ足部分を通せばこんな感じのおしゃれアイテム
d0347031_11550593.jpg
首を通してたこ足部分を三つ編みすると、こんな感じに。お試しください!

【冬衣】
ー色を編むー 伊藤八重子
11月23日 [土] - 11月30日 [土] 11時~18時 
伊藤八重子在廊日:25,26

art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391

東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-11-28 11:53 | 展示案内 | Comments(0)
【冬衣】色を編む 伊藤八重子展 初日オープンしました!
色彩豊かな伊藤八重子さんのニットのセーター、カーディガン、帽子やマフラー、スヌードなどのニット小物が揃いました。
自分へのご褒美にいかがでしょうか?お待ちしています!
d0347031_11202456.jpg

【冬衣】
ー色を編むー 伊藤八重子
11月23日 [土] - 11月30日 [土] 11時~18時 
伊藤八重子在廊日:25,26

まるで色を混ぜるように細い糸を何本か重ねて一つの色を作り、編み込んでゆく…大島の豊かな自然の中で、日々ニットを編み続け、今年も複雑な編み込み柄、色の変化に富んだ、セーター、カーディガン、小物などが揃います。手編みならではの空気を優しく含んだ柔らかな肌触り、豊かな色彩の伊藤八重子さんの手編みをたっぷりとお楽しみください。

art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391

東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-11-23 11:17 | 展示案内 | Comments(0)
【冬衣】古(いにしえ)を縫う hodocc' イワモトミチコ展
会期終了致しました。
何度かここでもご紹介させていただきましたが、イワモトミチコさんの丁寧な手仕事と着心地にこだわった工夫、古布への愛情などたっぷりと感じた8日間でした。
古布はどれも想像以上に、柔らかく軽く、綻びもあえて銀糸を使ってデザイン的な要素に変えて、魅力的な今に甦った服や小物をお楽しみいただけたのではないかと思います。
ご来店いただいた皆さま、気にしてくださった皆さま、ありがとうございました。
【冬衣】は、ニットへの展示に続きます。
d0347031_09390896.jpg
【冬衣】ー色を編むー 伊藤八重子
11月23日 [土] - 11月30日 [土] 11時~18時
伊藤八重子在廊日:25,26

まるで色を混ぜるように細い糸を何本か重ねて一つの色を作り、編み込んでゆく…大島の豊かな自然の中で、日々ニットを編み続け、今年も複雑な編み込み柄、色の変化に富んだ、セーター、カーディガン、小物などが揃います。
手編みならではの空気を優しく含んだ柔らかな肌触り、豊かな色彩の伊藤八重子さんの手編みをたっぷりとお楽しみください。

by ruriro | 2019-11-21 09:39 | 展示案内 | Comments(0)