人気ブログランキング |

タグ:ガラス ( 10 ) タグの人気記事

「関野栄美 午後の森を歩くように」
会期終了しました。最終日は、駆け込むようにたくさんの方においでいただきました。
お運びくださった皆さま、気にしてくださった皆さま、ありがとうございました。
曖昧でどちらともつかない存在を創り出す。
ガラスという素材の持つ、透明で、冷たくて、硬くて、儚い…という特徴と、作家が作り出す人体の一部分をリアルに作り出す造形が、見えそうで見えない、存在していそうで居ない、隠したいけれど覗きたい、といった、曖昧でどちらともつかない心の存在を意識させたように感じます。
「これは何の素材でできているのですか?」という質問にガラスであることをお伝えすると、驚かれる方多数。リアルな表現に、肌に近い、もっと柔らかな素材を想豫されたのでしょうか。そして、ガラスと聞くと、同じ作品の中に異なる感覚を抱かれる方もいたようです。
秘密の小部屋を覗いたような、軽い罪悪感とトキメキ、何処に所在するのか不確かな感覚、複雑な心の動きを刺激するような展示でした。
教育の現場での仕事もされている作家なので、生徒さん、学校現場の方もたくさんおいでくださいました。
作家の中には、今後、取り組んでみたい制作への構想がいくつかあるようです。どのように制作の時間を取り、どう向き合ってゆくのか、今後の発表を楽しみにしたいと思います。
d0347031_14120382.jpeg
明日は次の展示の搬入。アートと離れて暮らしの中で使うもの。古布をほどいて新たに作り出すhodocc’の服や小物です。どうぞお楽しみに。

by ruriro | 2019-11-11 14:11 | 展示案内
本日最終日。
昨夜はイベント「アート鑑賞会」でした。ありがたいことに満席!近くから、遠くから、ありがとうございました。
温かく、嬉しくなる言葉をかけていただいた、ruriro3回目の鑑賞会。
「思っていたことと違った」「こんな会が成立するのか?」「いい時間だった」
などなど感じ方はそれぞれです。
参加するメンバー、作品、作家によって毎回異なる会になります。これも鑑賞会を続けることの楽しさです。今回は、継続の喜びのようなものをちょっぴり味わうことが出来ました。
ご参加くださった皆さまに、なんらかの刺激と豊かな時間を感じていただけたら嬉しく思います。ありがとうございました。
また来年も、さらにさらに、続けます。気になっている方、経験した方も、毎回違います。
ぜひぜひご一緒しましょう!
d0347031_15551317.jpg
d0347031_15545898.jpg

by ruriro | 2019-11-10 15:56 | 展示案内 | Comments(0)
本日搬入、準備が整いました。11月1日スタートです。

関野栄美展 午後の森を歩くように
2019年11月1日 [金] - 11月10日 [日] 11:00 - 18:00
アート鑑賞会
11月9日[土] 18:00 - 19:30 参加費1000円(1ドリンク付・予約制)

このタイトルでの個展は台湾、初台と続き、今年3回目となります。それぞれの場所での「午後の森」をruriroで結びます。
朽ちた木々の広がる深い森の中で、蝶々が飛び、少女が遊んでいます。その先には、まだ誰も辿り着けない場所があるのかもしれません…この先の物語を想像しながら、どうぞ歩いてみてください。
/関野栄美

プロフィール
現在は非常勤講師としてキルンワーク技法を教えながら、個人の制作を続ける。主に足や手など、人体の一部をガラスで制作している。その一部分から、生死についてや、精神性についての思考を模索し、また鑑賞者がそれぞれの物語を想像する余白を残すような作品を作りたいと考えている。

アート鑑賞会は、作品を見ながら想像したこと、感じたことなどおしゃべりします。鑑賞後、関野栄美さんから制作についてのトークがあります。
d0347031_18401030.jpeg
art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-10-30 18:40 | 展示案内
「関野栄美展 午後の森を歩くように」
11/26(土)の読売新聞朝刊でご紹介頂きました。 
d0347031_15234683.jpg


by ruriro | 2019-10-29 15:18 | 展示案内 | Comments(0)
d0347031_19291902.jpeg
関野栄美展 午後の森を歩くように
2019年11月1日 [金] - 11月10日 [日] 11:00 - 18:00

アート鑑賞会
11月9日[土] 18:00 - 19:30 参加費1000円(1ドリンク付・予約制)

11月はガラスの関野栄美さんの個展から始まります。死生観をテーマに、キルンワークという技法で制作している作家です。

このタイトルでの個展は台湾、初台と続き、今年3回目となります。それぞれの場所での「午後の森」をruriroで結びます。
朽ちた木々の広がる深い森の中で、蝶々が飛び、少女が遊んでいます。その先には、まだ誰も辿り着けない場所があるのかもしれません…この先の物語を想像しながら、どうぞ歩いてみてください。
/関野栄美

アート鑑賞会は、作品を見ながら想像したこと、感じたことなどおしゃべりする会です。作家の関野さんは、作品には、鑑賞する人の想像に委ねる部分があると言います。この展示の先の物語をご一緒しましょう。
鑑賞後、関野栄美さんから制作についてのトークがあります。

art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
https://ruriro.com
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-10-21 19:34 | 展示案内
ruriroの中は本当に居心地良い家となっておりますよ。ステキなので見て欲しいな〜!
d0347031_23365865.jpg

ガラスの五十嵐桃子さんの作品。実用にもなる蓋つきの作品がいくつかあります。眺めているだけで、透明の透ける美しさが魅了します。ちょっとした遊び心で、ハブラシたてとして洗面所に置いても、お花を入れてインテリアとしても使えるオブジェなどなど、生活に遊び心と楽しさを!
d0347031_23393415.jpg
 五十嵐桃子さんのガラス。リビングならば、このような感じでお花をちょっと入れてインテリアとして。蓋物はそのままでもアクセサリーやキャンディーケースとしても使えそうです。
d0347031_23401254.jpg
 同じものが洗面所に置けば、ハブラシたてやコットンケースとしても使えます。
d0347031_23402824.jpg
四角いオブジェ。透明感があり、グラデーションが美しい。
d0347031_23424311.jpg
蓋になっていて、二つの四角い箱にもなります。二つの箱が重なって見える色の感じがなんともいいのです。

アートのある家
2019.9.27[金]−10.9[水]11:00−18:00 木曜休み 

櫻木綾子 五十嵐桃子 永岡かずみ 中井絵津子 関根昭太郎 
玄関、食卓の上、洗面やトイレなど、一軒家ruriroの空間に、版画、オブジェ、器、などのアートを構成します。お花や食とも組み合わせ、暮らしの中のアートを建物内に繰り広げます。

中村実由季の「夜長月のリーススタンド」
秋の長い夜、
ふっと目に入る
月の光が
気持ちを穏やかに
満たしてくれます
そんな月をイメージした
リースのスタンドです
講師 中村実由季(botanic.anthology)
日時 10月6日 [日] 13:30〜
費用 4000円(要予約)
持物 花ばさみ、持ち帰り袋、エプロン
電話、メールにてお問い合わせください

ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家す


by ruriro | 2019-10-03 23:34 | 展示案内 | Comments(0)
「アートのある家」展示準備がほぼ整いました。玄関にも花、花入れ、版画が飾られ、皆様をお待ちしています。
d0347031_21253554.jpg

アートのある家2019.9.27[金]−10.9[水]11:00−18:00 木曜休み 

櫻木綾子 五十嵐桃子 永岡かずみ 中井絵津子 関根昭太郎 
玄関、食卓の上、洗面やトイレなど、一軒家ruriroの空間に、版画、オブジェ、器、などのアートを構成します。お花や食とも組み合わせ、暮らしの中のアートを建物内に繰り広げます。

結城薫の「季節がつくるやさいごはん」
収穫の秋、旬の野菜や発酵を取り入れた身体にやさしいメニューです。食卓を囲み、夏の疲れた身体を休めるひととき。アートと遊び、おしゃべりする秋の夕べ。
日時 9月28日 [土]  18:30〜20:30費用 3500円(野菜料理5種・飯・汁+デザート+1ドリンク)   簡単なアート遊びを含みます(要予約)

中村実由季の「夜長月のリーススタンド」
秋の長い夜、ふっと目に入る月の光が気持ちを穏やかに満たしてくれますそんな月をイメージしたリースのスタンドです
講師 中村実由季(botanic.anthology)日時 10月6日 [日] 13:30〜費用 4000円(要予約)持物 花ばさみ、持ち帰り袋、エプロン電話、メールにてお問い合わせください

ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家


by ruriro | 2019-09-26 21:25 | 展示案内 | Comments(0)

ーどこまでもマトリョーシカー展は、ロシアに暮らしていた6年半の間に蒐集した方の展示販売なのですが、「いつかお店を持って販売を」という気持ちもあり集めたものも多く、品物はとても綺麗な状態で管理されており、工芸品やアート作品に混ざって実用的なお買い得?なものもあります。
残りは今日も含めて4日となります。気になっている方、ぜひこの機会にどうぞ!

d0347031_12360461.jpg
↑刺繍の入ったダマスク織の布巾。45×45センチの大判で厚くてしっかりとした生地。青が800円、茶が700円。

d0347031_12382855.jpg
↑無地の麻の布巾。しっかりとした織。青が500円、オフホワイトが900円。後ろのティーコゼは全体に刺繍が施されている。敷物とセットで5000円。

art NA cafe"-どこまでもマトリョーシカ-
9/14[金]-9/26[水] 12:00〜18:00

マトリョーシカ、グジェル焼きのティーポットや蓋物、ホフロマ塗りのうつわ屋スプーン、インペリアル・ポーセリン(旧ロマノソフ焼)のカップ&ソーサー他、グリシコのTシャツ、アナトーリ・デニソフの水彩画(バレエの場面他)など、夏の展示に続き、収集家坂本弥寿子さんのロシアで集めたちょっと楽しく、珍しい工芸品の数々…秋の始まりに、少し異国気分で"art NA cafe"も一緒にお楽しみください。コーヒー、紅茶、今日の気分でマンダラ塗り絵など、ご注文いただけます。

ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート並びの手前の一軒家


by ruriro | 2018-09-23 12:45 | 展示案内 | Comments(0)
「季夏の本歌取り」
台風から始まったような今回の展示、台風が去ると猛暑の日々。
今日は雨も降り、気温はぐっと下がりました。湿度はありますが、過ごしやすいですね。
染付は青が涼やかで、夏の器には目にも涼やかです。
今回は特別に2階の和室にも作品が展示されました。
器だけではなく、植物の鉢、朱肉池や硯などの文具、陶額と幅広い作品が並んでいます。
展示日数も少なくなりました。ちょっと優雅な雰囲を味わえます。この機会に是非!
d0347031_16422487.jpg
朱肉池、陶印など文具
d0347031_16475978.jpeg
和室に設えた染付のあれこれ
d0347031_16442044.jpg
ベネチアングラスの色鮮やかなキャンディー
d0347031_16454719.jpg
ボビンレースのパン入れ(ベルギー製)

「季夏の本歌取り」

- 鈴木修司 染付作品 坂本弥寿子 美の手帖 -

727日(金)~812日(日)木曜休み

11:0018:00 金曜は20:00まで


陶印ワークショップ

811日(土)

13:0015:00

講師:鈴木修司

費用:8500


ruriro

埼玉県川越市田町2-6

049-290-2391

東武東上線川越市駅徒歩2分

西武新宿線本川越駅徒歩8

川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート並びの手前の一軒家



by ruriro | 2018-08-07 16:55 | 展示案内 | Comments(0)

5人の作家(西山雪)

西山雪(ガラス)

北海道を拠点に作家活動

北海道の豊かな自然をガラスの中に描く

一つ一つ細やかに描かれた絵柄は、見事で、美しく愛らしい

http://www.yukinishiyama.com

*西山雪さんの作品は全て売約済みとなりましたが、作品はご覧いただけます

d0347031_16120433.jpg
鮮やかな、ミモザの黄色

d0347031_16171331.jpg
透明感のあるブルー


by ruriro | 2018-02-19 16:20 | 展示案内