人気ブログランキング |
小さい頃から文字に興味があったという桐洋生さん。
2017年から毎年、天作会展 ー井上有一に捧ぐ「書の解放」展ーにて作品を発表している注目の現代書道家です。
墨文字によるアート作品という感じ。文字の持つ意味と創作による表現が、響き合ってより強さを持って迫ってくる感じがします。
写真の軸装は『田舎の風景』 詩『田舎の風景を思い浮かべていたら一頭の牛がいた』
幼い頃暮らした風景を思い浮かべて描いた作品。小さな作品は『一頭の牛』当時の思い出が収められたポートフォリオも展示しています。中に一頭の牛についての記述もあります。
表現することが楽しくて仕方ない…どの作品からも伝わってくるようです。

「桐健二・桐洋生展 ー記憶の音と色ー」 現代書道家桐洋生_d0347031_12092919.jpeg
↑軸装の作品『田舎の風景』
「桐健二・桐洋生展 ー記憶の音と色ー」 現代書道家桐洋生_d0347031_12110362.jpeg
↑『一頭の牛』
「桐健二・桐洋生展 ー記憶の音と色ー」 現代書道家桐洋生_d0347031_12114528.jpeg
↑プロフィール集を捲りながら作品を見る楽しさ

桐健二・桐洋生展 ー 記憶の音と色 ー
2020年3月13日(金)〜28日(土)
11:00 - 18:00 18(水)、19(木)、23(月)、26(木)休み



# by ruriro | 2020-03-17 12:13 | 展示案内 | Comments(0)
3月13日(金)はれ
ポカポカ陽気なので、細く窓を開けた状態でオープンしました。

「芸術家としての大先輩の健二さん」と兄(洋生さん)は弟(健二さん)を紹介し、
「近年、現代書道家として、活動している兄との初めての共演。生まれた時から刺激をもらい続けている兄との展示にどのような化学反応が起きるのか…」とは、健二さんの洋生さんとの2人展に向けた言葉。お互いを尊重し、なんとも良い距離感を持つ二人の化学反応は想像以上にエネルギッシュです!
桐健二・桐洋生展 ー 記憶の音と色 ー 初日です_d0347031_14332434.jpg
↑外から展示を眺めるとこんな感じ

色と墨の勢い、あれこれ考えずに浴びる…今、二人はそれぞれの道を歩いていますが、アートと音楽は二人の生活に欠かせないようで、スコーンと抜けた響きあう感じが展示にも溢れ出るようです。
持って来ていただいたポートフォリオの中に幼い頃の思い出の記述などもあり、二人の記憶を辿る楽しみもあります。
桐健二・桐洋生展 ー 記憶の音と色 ー 初日です_d0347031_14350703.jpg
↑ポートフォリオ作品(桐洋生)
桐健二・桐洋生展 ー 記憶の音と色 ー 初日です_d0347031_14352065.jpg
ポートフォリオと作品(桐健二)
桐健二・桐洋生展 ー 記憶の音と色 ー 初日です_d0347031_14344554.jpg
↑小作品で構成した二人のコラボ作品の棚
楽しさとパワーあふれる作品に囲まれると、元気も出てくる気がします。お散歩ついでにふらっとお立ち寄りいただけると嬉しいです。とはいえ、体調優先で無理なさらないようお願いします。

桐健二・桐洋生展 ー 記憶の音と色 ー
2020年3月13日(金)〜28日(土)
11:00 - 18:00 18(水)、19(木)、23(月)、26(木)休み
埼玉県川越市田町2–6
TEL:049-290-2391

# by ruriro | 2020-03-13 14:39 | 展示案内 | Comments(0)
桐健二・桐洋生展 -記憶の音と色- 
設置準備が整いました。
桐健二・桐洋生展 -記憶の音と色- 準備が整いました_d0347031_19093618.jpg
パンチの効いた色彩と勢いのある墨の動き。
初取り組みの兄弟展。
現場合わせが生み出したライブ感。
搬入時の二人のあ・うんの会話。
足すと引くのバランスなど、どこかに共通のリズムも感じます。
桐健二・桐洋生展 -記憶の音と色- 準備が整いました_d0347031_19112934.jpg
↑設置は二人でなんとなく話しながら決まって行きました
桐健二・桐洋生展 -記憶の音と色- 準備が整いました_d0347031_19100382.jpg
↑ふと見るとタイトルを作っていた洋生さん
定期的な換気、手洗い、スタッフのマスク対応、ドアやペンなどのアルコール除菌などして皆様をお待ちしています。

桐健二・桐洋生展 ー 記憶の音と色 ー
2020年3月13日(金)〜28日(土)11:00 - 18:00 18(水)、19(木)、23(月)、26(木)休み

川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家
東武東上線/川越市駅 徒歩2分(*川越駅ではありません。ご注意ください)西武新宿線/本川越駅 徒歩8分駐車場はありません。近隣のコインパーキングのご利用をお願いします。
埼玉県川越市田町2–6TEL:049-290-2391https://ruriro.com

# by ruriro | 2020-03-12 19:09 | 展示案内 | Comments(0)
梶浦聖子メイキング展
「きのうおばあちゃんも生まれたって」
2020年4月3日[金]ー4月19日[日]
8(水)、9(木)、16(木)休み 11:00ー18:00

プラザノース ノースギャラリーにて開催の梶浦聖子展「きのうおじいちゃんが生まれたって」(2020年2月22日〜3月15日)のメイキングを中心に、制作のための設計図、作品などを展示。
個展としては「過去最大規模の展示」に挑む姿を、作品の一部と共に公開します。
このメイキングの中に、どこか不思議でなぜか惹かれる梶浦聖子の、言葉、空間、制作の生まれる瞬間が詰まっているかもしれません。
乞うご期待!
梶浦聖子メイキング展 きのう おばあちゃんも生まれたって ご案内_d0347031_14213629.jpg
【梶浦聖子と金属で遊ぼう】
『ビスマス』コース
作品にも使用しているビスマス(蒼鉛)のキラキラ結晶を作ります。
日時:4月11日(土)11 : 00 - 13 : 00
費用:4000 円(材料込・軽食付)

『イカイカ鋳造』コース
甲イカの骨を削って鋳造を体験します。
日時:4月11日(土)14 : 00 - 16 : 00
費用:3500円(材料込・おやつ付)

*1日コース
(ビスマスとイカイカ鋳造の両方を体験):
7000円(材料、軽食、おやつ付)

【アート鑑賞会】
作品を見ながら想像したこと、感じたことなどおしゃべりしましょう。鑑賞後、梶浦聖子さんから制作についてのトークがあります。
日時:4月17日(金)19:00〜20:30
費用:1000円(1ドリンク付、予約制)

*イベントは全て予約制となります。
電話または、ホームページcontactからお問い合わせください。

川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家
東武東上線/川越市駅 徒歩2分
(*川越駅ではありません。ご注意ください)
西武新宿線/本川越駅 徒歩8分
駐車場はありません。近隣のコインパーキングのご利用をお願いします。
埼玉県川越市田町2–6
TEL:049-290-2391
https://ruriro.com


# by ruriro | 2020-03-07 14:26 | 展示案内 | Comments(0)
梶浦聖子さんの個展「きのう おじいちゃんが生まれたって」、さいたま市のプラザノースで開催中です。
ノースギャラリーという大きな会場で、4メートルの大きなうさぎが、今のあんなことやこんなことを大きな耳で聞いている。
中央に横たわるねこ。ビデオの中にも、ガラスの向こうにも、存在しています。いくつかの物語が時間や空間を行ったり来たり…同時に存在しているようです。

ruriroでは4月3日からメイキング展「きのう おばあちゃんも生れたって」を開催します。さてさて「きのう おじいちゃんは生れたって」はいったいどのように生れたのでしょうか?

プラザノースでのイベントは一部中止になったものもありますが、展示は3月15日まで(9日閉場)現時点では予定通りの開催ということです。
梶浦聖子展「きのう おじいちゃんが生まれたって」プラザノースで開催中_d0347031_21325275.jpg

梶浦聖子展「きのう おじいちゃんが生まれたって」プラザノースで開催中_d0347031_21325349.jpg

梶浦聖子展「きのう おじいちゃんが生まれたって」プラザノースで開催中_d0347031_21325591.jpg

「梶浦聖子展 きのうおじいちゃんが生まれたって」
2月22日(土)ー3月15日(3月9日閉場)10:00 ~ 17:00
さいたま市プラザノース ノースギャラリー 4−7
http://www.plazanorth.jp

# by ruriro | 2020-03-03 21:31 | 日々のつぶやき | Comments(0)