人気ブログランキング |

カテゴリ:展示案内( 185 )

展示準備が整いました。明日から!
d0347031_17295908.jpg

【冬衣】
ー古(いにしえ)を縫うー hodocc’  イワモトミチコ
11月13日 [水] - 11月20日 [水] 11時~18時 
イワモトミチコ在廊日:13,14,16,17

古布に惹かれて、古布をほどき、温もりを残しながら、今の生活に合う服として再び蘇らせる。布の組み合わせ、形の新しさ、古布の持つ温もりを、今の暮らしに合わせて縫い合わせるイワモトミチコの手仕事です。どうぞご期待ください!

art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391

東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-11-12 17:29 | 展示案内 | Comments(0)
「関野栄美 午後の森を歩くように」
会期終了しました。最終日は、駆け込むようにたくさんの方においでいただきました。
お運びくださった皆さま、気にしてくださった皆さま、ありがとうございました。
曖昧でどちらともつかない存在を創り出す。
ガラスという素材の持つ、透明で、冷たくて、硬くて、儚い…という特徴と、作家が作り出す人体の一部分をリアルに作り出す造形が、見えそうで見えない、存在していそうで居ない、隠したいけれど覗きたい、といった、曖昧でどちらともつかない心の存在を意識させたように感じます。
「これは何の素材でできているのですか?」という質問にガラスであることをお伝えすると、驚かれる方多数。リアルな表現に、肌に近い、もっと柔らかな素材を想豫されたのでしょうか。そして、ガラスと聞くと、同じ作品の中に異なる感覚を抱かれる方もいたようです。
秘密の小部屋を覗いたような、軽い罪悪感とトキメキ、何処に所在するのか不確かな感覚、複雑な心の動きを刺激するような展示でした。
教育の現場での仕事もされている作家なので、生徒さん、学校現場の方もたくさんおいでくださいました。
作家の中には、今後、取り組んでみたい制作への構想がいくつかあるようです。どのように制作の時間を取り、どう向き合ってゆくのか、今後の発表を楽しみにしたいと思います。
d0347031_14120382.jpeg
明日は次の展示の搬入。アートと離れて暮らしの中で使うもの。古布をほどいて新たに作り出すhodocc’の服や小物です。どうぞお楽しみに。

by ruriro | 2019-11-11 14:11 | 展示案内
本日最終日。
昨夜はイベント「アート鑑賞会」でした。ありがたいことに満席!近くから、遠くから、ありがとうございました。
温かく、嬉しくなる言葉をかけていただいた、ruriro3回目の鑑賞会。
「思っていたことと違った」「こんな会が成立するのか?」「いい時間だった」
などなど感じ方はそれぞれです。
参加するメンバー、作品、作家によって毎回異なる会になります。これも鑑賞会を続けることの楽しさです。今回は、継続の喜びのようなものをちょっぴり味わうことが出来ました。
ご参加くださった皆さまに、なんらかの刺激と豊かな時間を感じていただけたら嬉しく思います。ありがとうございました。
また来年も、さらにさらに、続けます。気になっている方、経験した方も、毎回違います。
ぜひぜひご一緒しましょう!
d0347031_15551317.jpg
d0347031_15545898.jpg

by ruriro | 2019-11-10 15:56 | 展示案内 | Comments(0)
関野栄美さんは、高校生の頃に見た人形作品に惹かれたことが今の制作につながっていると言います。また、現在は、全体を造らず、人体の一部分を制作し、そこから先を見る人に委ねたいと言います。
透明感を持つガラスという素材は、クールでどこか儚げです。
それぞれの作品には文章がついており、文章からも広がるイメージは、鑑賞者によって変化しそうです。
ガラスによる人体造形の一部分から見えてくるもの…実物を前にイマジネーションを広げて見ませんか?

11月9日(土)18時からアート鑑賞会です。作品を見ながら想像したこと、感じたことなどおしゃべりしましょう。鑑賞後関野さんからのトークもあります。
残席1名です。電話からお問合せください。

アート鑑賞会
11月9日(土) 18時ー19時30分 参加費1000円(ワンドリンク付き、予約制)
d0347031_11435836.jpg

art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391

東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-11-05 11:43 | 展示案内 | Comments(0)
「関野栄美展 午後の森を歩くように」
今日から市内の蔵や古い建物や庭などを使ってアートを展示する「蔵と現代美術」が始まる川越です。
ruriroのすぐ近くの丹徳庭園さんにも作品が設置されています。「蔵と現代美術」のチラシはruriroにも置いています。
ruriroを入り口に、アートがいっぱい楽しめる川越にぜひ〜!
そして関野栄美展は3日目。関野栄美さん、連日在廊しています!
会期中は森のコーヒー、まりちゃんの手作りクッキーなどご注文いただけます。アートを楽しみながらゆっくり時間にどうぞ!
d0347031_12381448.jpeg
↑作品には小さな文章が付いています。
d0347031_12385050.jpg
↑標本のように箱に入った作品。「揚羽蝶の壊れる音」

関野栄美展 午後の森を歩くように
2019年11月1日 [金] - 11月10日 [日] 11:00 - 18:00
アート鑑賞会
11月9日[土] 18:00 - 19:30 参加費1000円(1ドリンク付・予約制)
art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-11-03 15:49 | 展示案内
「関野栄美展 午後の森を歩くように」初日オープンしました。
儚くて、危い。ガラスで創られた空想の森。ガラスという素材、半透明で透けて見えるような、見えないような。ポロポロと崩れるようで留まっている。
心の深くに沈む、秘密の扉をそっと開けて、その先にどのような空想の森が広がるでしょう?
d0347031_15094595.jpg
関野栄美展 午後の森を歩くように
2019年11月1日 [金] - 11月10日 [日] 11:00 - 18:00
アート鑑賞会
11月9日[土] 18:00 - 19:30 参加費1000円(1ドリンク付・予約制)
作品を見ながら想像したこと、感じたことなどおしゃべりしましょう。鑑賞後、関野栄美さんから制作についてのトークがあります。募集中です。
art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-11-01 15:10 | 展示案内 | Comments(0)
本日搬入、準備が整いました。11月1日スタートです。

関野栄美展 午後の森を歩くように
2019年11月1日 [金] - 11月10日 [日] 11:00 - 18:00
アート鑑賞会
11月9日[土] 18:00 - 19:30 参加費1000円(1ドリンク付・予約制)

このタイトルでの個展は台湾、初台と続き、今年3回目となります。それぞれの場所での「午後の森」をruriroで結びます。
朽ちた木々の広がる深い森の中で、蝶々が飛び、少女が遊んでいます。その先には、まだ誰も辿り着けない場所があるのかもしれません…この先の物語を想像しながら、どうぞ歩いてみてください。
/関野栄美

プロフィール
現在は非常勤講師としてキルンワーク技法を教えながら、個人の制作を続ける。主に足や手など、人体の一部をガラスで制作している。その一部分から、生死についてや、精神性についての思考を模索し、また鑑賞者がそれぞれの物語を想像する余白を残すような作品を作りたいと考えている。

アート鑑賞会は、作品を見ながら想像したこと、感じたことなどおしゃべりします。鑑賞後、関野栄美さんから制作についてのトークがあります。
d0347031_18401030.jpeg
art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-10-30 18:40 | 展示案内
「関野栄美展 午後の森を歩くように」
11/26(土)の読売新聞朝刊でご紹介頂きました。 
d0347031_15234683.jpg


by ruriro | 2019-10-29 15:18 | 展示案内 | Comments(0)
d0347031_19291902.jpeg
関野栄美展 午後の森を歩くように
2019年11月1日 [金] - 11月10日 [日] 11:00 - 18:00

アート鑑賞会
11月9日[土] 18:00 - 19:30 参加費1000円(1ドリンク付・予約制)

11月はガラスの関野栄美さんの個展から始まります。死生観をテーマに、キルンワークという技法で制作している作家です。

このタイトルでの個展は台湾、初台と続き、今年3回目となります。それぞれの場所での「午後の森」をruriroで結びます。
朽ちた木々の広がる深い森の中で、蝶々が飛び、少女が遊んでいます。その先には、まだ誰も辿り着けない場所があるのかもしれません…この先の物語を想像しながら、どうぞ歩いてみてください。
/関野栄美

アート鑑賞会は、作品を見ながら想像したこと、感じたことなどおしゃべりする会です。作家の関野さんは、作品には、鑑賞する人の想像に委ねる部分があると言います。この展示の先の物語をご一緒しましょう。
鑑賞後、関野栄美さんから制作についてのトークがあります。

art space ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
https://ruriro.com
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

by ruriro | 2019-10-21 19:34 | 展示案内
「アトリエゑん」秋のオーダー服&革のバックとアクセサリー、3日間のイベント、会期終了しました。
展示で全国を駆け回りながら、時間があれば、持参したミシンを踏み、オーダーされた服を作る「アトリエゑん」さん。ruriro滞在中も、朝からミシンを踏んでいたようでした。日常に着る服を、日常に着る服だからこそ、きちんと自分のサイズに合った、着心地の良い良質な素材で届けたいとの、暮らしに寄り添った姿勢が魅力です。
定番の生地に感覚的に気になるその年々の生地を加え、基本スタイルのカタチを作り、後は、お客様との対話から、一人一人に寄り添った物作りです。今回から、シルクの下着も加わりました。見えない部分のおしゃれではあるけれど、気持ちが上がる感じがします。身体の芯から、大切に包まれる感じです。
ruriroでは、7月に続いて2回目のオーダー会、一度着心地を試した方のリピートも多くありました。
今回は、細部までこだわったスタイリッシュな革のバックや小物の梶浦稔雄さん、ガラスの関野栄美さん、シルバーの指田えり子さん、炭の永平智子さん、素材の異なるアクセサリーの3人の作家に、美味しい焼き菓子(豆と野菜)も加わった3日間でした。
今回はと楽しみにしてくださった方、リピートの方、偶然立ち寄ってくださった方、気にしてくださった方、ありがとうございました。
人との対話から作り出される服。来年も予定しています。次回の開催にもどうぞご期待ください。
d0347031_07425841.jpeg

by ruriro | 2019-10-17 07:44 | 展示案内 | Comments(0)