人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アートと暮らし 心の色ruriro


by ruriro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

オンライン展覧会「ひかりを手に入れる」中井絵津子インタビュー

2年ほど前から”ひかり”に寄り添う作品作りをしているという中井さんに”ひかり”についての記憶や今回の”ヒカリシリーズ”でのコラージュ制作のことなど伺いました。
オンライン展覧会「ひかりを手に入れる」中井絵津子インタビュー_d0347031_15062406.jpg
↑”ヒカリシリーズ”の一つ「ヒカリ〜揺れるように」
●記憶に残る”ひかり”について
学生の頃、1年以上、自宅療養していた時期がありました。
毎朝、目覚めて目に入るのはベッドから見る天井でした。
変化のない白い天井をほぼ1日中見つめていましたが、
朝は窓から入る光が作る、庭の木々の葉の影が映りました。
同じ葉の影を見る事で、毎朝、世界が今日も始まり
動いている事を確認していたような気がします。
同じ影でもハチが停まったり、鳥がかすめ飛んだりと変化がありました。
焦りや絶望、不安で毎日泣いていた日々でしたが
朝のそのひと時で「生きている」ことを確認していたんだなあと思います。

体調が徐々に良くなり、働きにいくことが出来るようになったりして
旅先で見た海の輝きや、外国の街の夜景など
美しい光を何度も経験していますが
あの辛い時期に、私を支えてくれた朝の光と影は
私の中で忘れられない景色です。

影があるから光を感じられる。
それは今の時世にも当てはまると思います。
このほぼ止まっているように見えた春が教えてくれたもの。
それはきっと人類に何か変化を与えてくれると思っています。

●作品に登場する人物についてのお話
”ヒカリシリーズ”は3作品です。
その他の2作品「metsä」「地球照」には小さく人物が入っています。
オンライン展覧会「ひかりを手に入れる」中井絵津子インタビュー_d0347031_15284955.jpg
↑「metsä」

以前は人物を入れずに「人が居た気配」を表現できないか模索していた時期がありました。
人物を描くことで、そこに具体性が出てくるので、感情移入しにくい場合があるかも、と思っていたのです。観てくださる方が自分を投影しにくくなる、というか。
でも、あまりそんなことを気にするよりも、自分がそこに入り込める絵を描きたいと思うようになり、自分の代わりに小さく人物や生き物を入れるようになりました。
今も人物が大きくメインになる作品は少ないかもしれませんが、以前よりは増えました。
よく指摘されるのが、女の子よりも男の子を描いていること。男の子の方が自分を投影しやすい部分が多く、男の子(又は中性的な子)を描いていることが多いです。
”ヒカリシリーズ”は人が内存しているヒカリを描いているので、人物は入っていません。

●銅版画とコラージュ技法について
版を2回、別の紙に刷って、切り抜いて貼り合わせる方法で”ヒカリシリーズ”は作っています。
イラストとしてコラージュは以前から作っていましたが、版画にも入れ始めたのは10年前頃からです。貼り合わせた部分だけ別の世界にしたい時や、色を載せたくないけれど白のままは寂しいなあとか、そういう場合にも使います。手法の一つとして作っています。
雁皮刷りという雁皮という和紙を使う刷り方がありますが、この技法が苦手だった私が、蔵前の「カキモリ」さんで見つけたマニラ紙に刷ってみたことから今のマニラ紙コラージュは始まりました。
ただコラージュ版画を始めたのは10年くらい前からですが、糊の強度がどのくらい保つのか判らない部分があり、これからの研究材料です。
オンライン展覧会「ひかりを手に入れる」中井絵津子インタビュー_d0347031_15171128.jpg
↑この作品は「Jeux interdits(禁じられた遊び)」2011年の作品です。(在庫なし)
初めてコラージュを試した作品。まだマニラ紙ではなく、クラフト紙の薄いもので刷っています。

オンライン展覧会「ひかりを手に入れる」
作品購入はショップから


by ruriro | 2020-05-11 15:46 | 展示案内 | Comments(0)